2016年春、祝福多きこの季節を、キールタンと共に迎えます。
 
あたらしく目覚める命の息吹と、
湧きあがるエネルギーに乗せて、
Heartから歌い
心を解き放ってゆきます。

キールタンが好きな人も、初めての人も、きっと素敵な一日になるはず――

皆様の歌声をお待ちしています。

当日はキールタン終了後、心を込めてお作りした南インド料理をご用意しております。(要予約)

尚、本参加費の一部はさきに発生した熊本地震で被災された方々のために募金いたします
 
【内容】
第一部:Satsang about Ramayana(サットサン)
インドの大叙事詩『ラーマーヤナ』についてお話します。
その膨大な聖典より一部抜粋して、内容についての考察・シェア会を行います。

今回のテーマは、『老婆シャバリ』のお話。
純粋なバクティとは何か、ということが老婆シャバリの姿と共に表現されています。
ラーマ神がシャバリに説く「バクティに関する9つの教え」という項目もご紹介します。

第二部:Heart Gathering(キールタン/インド版讃美歌)
インド楽器が奏でられる中、美しいメロディに合わせて繰り返し歌います。瞑想方や集中が難しい方や、音楽を聞いたりカラオケで歌うことが好きな方にはとても楽しい時間となります。音楽の調べのもと、心の安定を取り戻していきましょう。

第三部:Prasad(プラサード)
お供え物をみなさんでいただきましょう。
今回は、Itsukaさんによる南インド料理のプラサードをご用意しております。
その他、心のこもったプラサードの御持ち込みはWelcomeです。
祭壇にご自分で捧げていただいて、終了後みなさんとシェアしていただきます。

【詳細】
◆日時
2016年4月30日(土)16:00 Door Open
第一部 16:30〜18:00 Satsang about Ramayana
第二部 18:30〜20:00 Heart Gathering*
第三部 20:00〜 Prasad(南インド料理&more!)
※一部のみ、二部のみのご参加も可能です。お申込みの際にその旨をお伝えください。
※お子様のご参加も大歓迎です。プラサードを召し上がれるお子様の場合、人数もお知らせいただけると助かります。
 
◆会場
ヨガトライブ
千葉県浦安市北栄1-16-5 東カングランドマンション浦安312号室(東西線浦安駅より徒歩1分)
地図:http://www.yogatribe.jp/access.html
WEB:http://www.yogatribe.jp/
 
◆参加費
第一部サットサン:1000円(お茶とお菓子つき)
第二部ハートギャザリング:Heart Money(お気持ち)
第三部:プラサード:無料

◆定員
20名(予約制)
※お食事のご用意と、会場のスペースに限りがあるため、定員になり次第締め切らせて頂くことがあります。予めご了承ください。
 
◆予約方法
いずれかの方法にてお申込みください
(1)下記URLのお問い合わせフォームに参加者のお名前と人数をお知らせください。
http://www.heart-gathering.com/#!contact/c24vq

(2)Facebookイベントページの参加ボタンを押してください。
https://www.facebook.com/events/1127341887310194/

※Heart Gathering事務局より確認のご連絡をする場合がございます。

【講師紹介】
◎Kirtan Lead by gumi
2006年より毎年渡印し、インド古典声楽や横笛のバーンスリーを学ぶ。民族楽器コイズミ・バーンスリー講師。その他プライベートクラス、インドや台湾、国内においてLIVE活動や北インド古典講座のワークショップ勉強会を実施。
インド古典音楽・文化に貢献するNamaste! Group主宰者。
Heart Gathering*主宰者。
gumiオフィシャルWebsite:http://www.gumi-bansuri.com/

◎Satsang by tiko
2000年ころよりインド・ヨーロッパなどをタトゥーアーティストとして放浪する旅をつづけながら、真実を求め続ける人生の旅にでる。現在は、BaranasiのYogini、Smriti Singh女史に師事。
ラーマーヤナ、バガヴァッド・ギーター、シュリーマドバーガヴァタムなど、インドの神様や聖典をこよなく愛し、自らもそれに基づいた人生を送るため、日々の生活の基礎をBhakti Yogaに置く。
身体と心に優しいVeganのお料理を広めるべくレシピの作成や、料理の提供も行っている。
Heart Gathering*主宰、Namaste! Group主宰、Namaste! Group Design Worksデザイナー。
Yoga with tiko* Website : http://www.yoga-with-tiko.com/

◎Prasad by Itsuka
幼い頃より体と心、魂の関係に興味を持ち、20歳頃より 健康や幸せについて考える中、食や生活サイクルを見直すことから 精神世界のことを学ぶきっかけに。2011年頃よりタイのダルマボディ師に師事し、アディヨガ、アーユルヴェーダ、ヨガニドラ、瞑想、マントラ、非二元タントラ哲学などを学んでいる。アディヨガに出合い、 体や心が調うこと、その人それぞれの個性が輝き、健やかになっていくことを体験し、楽しく実践中。ヨガインストラクターのかたわら、南インド料理レストラン葉菜にて働きつつ吉田シェフよりインド料理を学び、今年シェフとともに渡印し南インド のママンたちに家庭料理を習う。食の大切さ、可能性に毎日感動している。
Camatkara Itsuka オフィシャルBlog : http://camatkara.exblog.jp/
 


Produced by HeartGathering
WEB:http://www.heart-gathering.com/

☆Heart Moneyについて
皆様から頂いた大切な「Heart Money(お気持ち)」はすべて、今後の***Heart Gathering***の運営費用として、大切に使わせていただきます。


 
クリスタルボールヨガ
感動的な癒しの体験を

クリスタルボウルは純粋な周波数のバイブレーションをつくり、即座に私たちを深いリラックス状態へと導き、私たちを高次元の意識につなげるほどのパワーをもっています。

本ワークショップでは、99.9%の高純度の水晶で作られた振動性音響のヒーリング楽器である「クリスタルボウル」の演奏にあわせてヨガをすることで、代謝や内分泌、チャクラのバランスを整え、オーラを浄化していきます。
そして、圧倒的な癒し効果を得ていきます。

アルケミー・クリスタルボウルの音色の響きは、今のストレス多い混迷の時代に生きる私たちの救世主のひとつだといえるかもしれません。

2015年12月。
忙しい年末や一年の雑多な出来事や思考、疲れた体をクリスタルボウル&ヨガでたっぷりと癒す感動の2時間半を体験していきましょう。

■開催概要
日時:2015年12月20日(日)14:00〜16:30(受付開始13:30)
場所:ヨガスタジオ「Yoga Tribe(ヨガトライブ) 」
住所:千葉県浦安市北栄1-16-5−312 (東西線浦安駅徒歩1分)
参加費:4,000円
定 員:14名(完全予約制)
申込方法: http://www.yogatribe.jp/contact.html

※上記URLにアクセスできない場合には、e-mail(book@yogatribe.jp)までご連絡ください。
※本ワークショップは事前振込制となります。お支払方法及びキャンセルポリシーは後日お申込者にご連絡いたします。

■演奏担当:TOMO(Tomomitsu Kimura)
Tomo商業カメラマンとして活動する中通っていたスポーツクラブでISHTA YOGA (イシュタヨガ)と出会い、その後、日本でのイシュタヨガ第一人者[マック久美子]さんと出逢い師事。
ISHTA YOGAの伝統とその素晴らしさに感動しRYT200を取得し、現在も数々の経験と深めISHTA YOGAを学び続けている。

数ある体験から2011年にアルケミー・クリスタルボウルと出逢う。
日本でのアルケミー・クリスタルボウルのパイオニア牧野持侑(まきのじゅん)さんと出逢い師事。
サウンドヒーリングを習う中、ヨガとアルケミー・クリスタルボウルの相性がとても良いことを師から学び「振動性音響療法」の理論からアルケミー・クリスタルボウルの奏者となる。

現在は、ヨガとクリスタルボウルでのコラボレーションクラスを各地に出向き開催中。

ISHTA YOGA認定インストラクター
ISHTA YOGA マタニティ認定
ISHTA YOGA レストラティブ認定
経絡ヨガ認定
IYC認定ラジヨガ認定講師
リママクロビオティック初級修了
Crystal Tones 社認定
アルケミー・クリスタルボウルマスター

■ヨガ担当:Shizuko
Shizuko仕事人間な生活の中で「仕事以外の生きがい」を探し求めていた頃、偶然そして必然にもヨガと出会う。椎間板ヘルニアや自律神経失調症で辛かった心身に軽さを感じられるようになり、次第にヨガと一緒の道を歩みはじめた。現在は自由奔放な子供を追いかけ追いかけられる生活をしながら、ヨガトライブやイベント・企業でのヨガ指導を行っている。
Sun and Moon Yoga Studio(東京都品川区)認定「Teachers Training 100h」取得
スワミ・ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ研究財団(sVYASA)教育課程「ヨーガ講師養成講座(YIC)」修了
タイマッサジ30時間修了(タイ・ITMスクール)
レイキサードディグリー取得
blog:http://ameblo.jp/yogatribe/
ACO陰ヨガ講座

※本ワークショップは定員に達したため、お申込受付を終了いたしました。

5-6年来、日本でも広まった陰ヨガ。
運動量あるスタイルのヨガの対極として、あるいは補完として練習に陰ヨガを取り入れる人も増えています。

しかし、そもそもヨガは陰陽を既に包括しており、陰と陽とを分けて練習することに違和感をおぼえる人もいるでしょう。
あえて陰ヨガを練習することについて、悩んだり考えたり、自由な意識と自覚をもって、一緒に陰陽の間を行き来する時間を楽しんでいきたいと思います。

私にとって陰ヨガとは、テンセグリティー・ヨガの最終章に辿り着くために無くてはならない大切なフェーズです。

今回は代表的な陰ヨガのポーズを幾つか体験していただきます。
陰ヨガとは?から始まり、その特徴や、長時間のポーズのホールドに対する向き合い方などを、そして呼吸によって「陰陽」が統合されていく状態を体感していただきます。

陰ヨガをいっきに理解出来る、陰ヨガの基礎から即実践型の内容を凝縮したものになるよう、心をこめてお届けします。

陰ヨガ初心者〜指導者、どなたでもご参加頂けます。

■概要
日時:2015年11月22日(日)14:00〜16:30(受付開始13:30)
場所:ヨガスタジオ「Yoga Tribe(ヨガトライブ) 」
住所:千葉県浦安市北栄1-16-5−312 (東西線浦安駅徒歩1分)
参加費:4,500円
定員:16名(完全予約制)
本ワークショップは定員に達したため、お申込受付を終了いたしました。

※上記URLにアクセスできない場合には、e-mail(book@yogatribe.jp)までご連絡ください。
※本ワークショップは事前振込制となります。お支払方法及びキャンセルポリシーは後日お申込者にご連絡いたします。

■講師紹介 ACO (Ako Yoshikawa)
吉川あこ1961年生まれ。名古屋市生まれ。東京都府中市在住。愛知大学法経学部経済学科卒業。米国オレゴン州ポートラド州立大学心理学部卒業。

ヨガ道場にてハタヨガを学んだ後、内外のスタジオ、ワークショップ、TTにて、ヴィンヤサヨガ、アイアンガーヨガ、パワーヨガ、ラージャヨガ、レストラティブヨガ、陰ヨガ、各種ボディーワークを習得。

英語と日本語のバイリンガルでインストラクターを勤めるかたわら、 TV・雑誌・ヨガwebサイトなどでの監修を多数行う。また全国各地のヨガスタジオに招かれてのワークショップでは、体位法の他にもヨガ哲学や食育などの講義、指導者を対象にした集中講座も行っている。

20年以上にわたる指導経験の後、行き着いた現在のスタイルを「テンセグリティー・ヨガ」と名付け、ボディーワークで学んだ知識を随所に入れて、自己安定能力を引き出しながら全身の気のバランスを調えるアプローチを開発中。
レギュラークラスは、Sun&Moon、TOKYOYOGA、Lotus+8、Under The Lightで受けられる
WEBサイト:http://www.acoyoga.jp/
ヨガの融合


このワークショップでは、微細な組織に注意深く意識を向けてゆくためのエクササイズを探求します。バンダを強化するプラナヤマとチャクラをクリアにして活力を与える力強いマントラを学び、最後に微細な意識と身体を使ったアサナの練習とを結びつけるアサナの練習を行います。この練習は新たな扉を開いてくれることでしょう。

多くの人にとって、ヨガは身体の動きと呼吸の流れを調和させるアサナの練習から始まります。パタンジャリは、ヨガを「波のように押し寄せる心の動きを止める事」と定義しています。この波と波をつなげてゆくためには、私たちが持つ微細な組織であるナーディ(管、気脈、プラナの通り道)、バンダ(錠、ロック)、チャクラ(エネルギー・センター)を一つに結び付けて行く事が重要です。

ハタヨガでは正反対の要素を結びつけ、私たちの内なる男性性と女性性を融合させてゆきます。この一体化は微細な組織の中で起こり、それは私たちの身体構造と身体活動によって支えられています。ハタヨガを練習している人は微細なエネルギーを培うことによって練習を深めてゆくことができるでしょう。経路を開いてクリアにし、バンダを使ってエネルギーが自由にチャクラを通って行けるよう導き、最終的には心の動きを静めて行きます。

さらに練習を深めようと思うなら、その助けとなる手段は私たちの内にあるのです。

■概要
日時:2015年10月11日(日)14:00-16:00(受付開13:30)
場所:ヨガスタジオ「Yoga Tribe(ヨガトライブ)」
住所:千葉県浦安市北栄1-16-5−312 (東西線浦安駅徒歩1分)
参加費: 4,000円(事前振込制)
定員: 16名(完全予約制)
申込:http://www.yogatribe.jp/contact.html
日本語通訳:高野爽乃

※上記URLにアクセスできない場合には、e-mail(book@yogatribe.jp)までご連絡ください。
※本ワークショップは事前振込制となります。お支払方法及びキャンセルポリシーは後日お申込者にご連絡いたします。

■講師紹介 Miles Maeda(眞榮田マイルズ)
miles maedaヨガ、瞑想指導歴16年。シカゴ、サンディエゴ、ポートランド、ロングビーチに練習用センターを設け、世界中の生徒を指導する。実践的に日常の生活に取り 入れられるヨガを専門とし、生徒達と共に健康、教育、創造性とコミュニティー作りなどに対する意識を高めることに取り組む。
自身の総合的なトレー ニングとしては、18,000年以上の歴史を持ち、様々なスタイルに進化しているヨガの手法を取り入れている。古典的なインド式ヨガ(ハタ・ヨガ、クンダ リーニ・ヨガ)から、アジアの武道(タオ・ヨガ)、中央アジアの古代の学派(チベットのボン・ヨガ、タントラ、スーフィズム“イスラム神秘主義”)と、そ の研究は多岐に及ぶ。さらに、新しく作り出された統合運動機能を持つ、ピラティス、ジャイロトニック及びジャイロキネシスを学び、知識と経験を深めてい る。
また、ヨガ・アライアンスによるE-RYT/RYT 500の認定を受けたヨガ指導者であり、The World Evolution School of Yogaを通して、ティーチャー・トレーニングを行う。クラスとワークショップでは、さまざまなスタイルのヨガと、日々の練習に役立つ応用を教えている。 指導者としての目標は、最終的には、自分が教えていることの模範となり、生徒達が経験を積み理解を深め、練習と関わりを深める機会を与えることである。
 
9/6太陽礼拝ワークショップ

Yogaは「Life is beautiful (人生はかくも豊かで美しいモノである)」。
しかし、Yogaをやめた理由として、「怪我をしたから」と耳にする事があります。
Yogaの効果と相反する身体の悲鳴。痛み。そして怪我。
練習にまつわるその痛みは本当に必要なのでしょうか?
シンプルかつパワフルな太陽礼拝をベースに身体の使い方や良い痛み・悪い痛みの見分け方などを理学療法士でありYoginでもある光明氏が徹底解説するワークショップです。
 
[第一部]2015年9月6日(日)14:00-15:30
「Yogaのポーズには痛みも怪我も絶対にいらない!」
(詳細)
 
[第二部]2015年9月6日(日)16:00-19:00
「痛みも怪我もない太陽礼拝は、Nadi(ナーディー)が輝く世界!」
(詳細)

本ワークショップはワークショップとしては異例の「ドネーション(寄付)制」をとっております(最低金額設定あり)。
講師の光明氏によると「貨幣価値はそれぞれの収支に見合う生活の中から生まれています。人生(=Yoga)を通じてお支払頂く参加費は、とても価値のあるモノとして大切に受け取りたいと思っています。その思いを形にできる一つの手法が「ドネーション(寄付)」ではないかと考えています。」と述べています。皆さんのお気持ちで参加費をお支払ください。

■概要
場所:ヨガスタジオ「Yoga Tribe(ヨガトライブ)」
住所:千葉県浦安市北栄1-16-5−312 (東西線浦安駅徒歩1分)
参加費: ドネーション(募金)制(第一部:2,000円以上/第二部:3,000円以上)
定員: 各16名(完全予約制)
申込:http://www.yogatribe.jp/contact.html
※上記URLにアクセスできない場合には、e-mail(book@yogatribe.jp)までご連絡ください。
※本ワークショップは事前振込制となります。お支払方法及びキャンセルポリシーは後日お申込者にご連絡いたします。

■ワークショップ詳細
[第一部]Yogaのポーズには痛みも怪我も絶対にいらない!
<難易度:初心者から上級者まで>
様々な偏りから解放される“気付き“としては「痛み」が必要なのかも知れません。
しかしきちんと解剖学にのっとって、練習をしたらどうでしょうか?
痛みは必要がない事が分かります。
痛みは悲鳴です。
良い悲鳴?悪い悲鳴?の聞き分け方も併せてご紹介します。

[第二部]痛みも怪我もない太陽礼拝は、Nadi(ナーディー)が輝く世界!
<難易度:中級者から上級者まで(太陽礼拝が一人でできるレベル)>
様々な偏りから解放される“気付き“としては「痛み」が必要なのかも知れません。
しかしその偏りを”シン“呼吸(身呼吸・心呼吸・信呼吸)”をしながら練習をしたらどんなことが起きるでしょうか?

深呼吸(=身呼吸+心呼吸+信呼吸=“ZONE”の状態)で練習をしたら・・・?
新呼吸(“瞑想”の入り口)で練習をしたら・・・?
真呼吸(“サマディー”の近く)で練習したら・・・?

恐ろしく繊細で、とても強いエネルギーが流れている最高の集中の中にある場所。
それでいてとても冷静で炊き上げる情熱が心地よい状態。
そこに踏み込むのは意外と簡単かもしれません。
特にYogin/Yoginiにとっては意外と日常の延長にあるように感じます。
Samadhi(サマディー:三昧)に近い世界観のように感じます。

『身体(感覚)”と”心神(感性)”と”信念(精神)”の超絶のバランス』
『全てが拮抗し融合するNadiの流れが輝く場所』
それは『痛みも怪我もない場所』!

皆様それぞれが持つ至極の輝きを一緒に探しに行きましょう!
Nadiという花々が百花繚乱に咲き誇る瞬間を皆さんと楽しみましょう!
YOGAをもっと好きなるヒントは皆様の中にある!ただ思い出せばいいだけですよ!

■講師紹介:光明(コウメイ)
光明Yoga Teacher・理学療法士・健康運動指導士・介護予防運動指導員・Sound Healer(with Crystal Bowl)
2001年よりYogaを始め、2004年よりYogaの指導を開始する。2009年に理学療法士(医療系国家資格)を取得する。現在は障害者〜プロアスリート・ダンサー、そしてキッズ〜シニアまで幅広く運動指導を行っている。「Yogaとは身体(感覚)・心神(感性)・信念(思考)のセルフバランスメンテナンス」と考え、心身双方への相関的アプローチによりストレスマネージメントとなり、「本来の自身の輝き」を教えてくれるツールであると考える。そこで大切にしているのが、身体という器の理(ことわり)である。法則を無視しては絶対に輝かない。運動学・解剖学に基づき「怪我をさせないYoga指導」を理念とし、運動指導者やYoga指導者向けのセミナー講師も務めている。また後進育成にも積極的に力を注いでいる。

■講師からのメッセージ
災害時などに行われるトリアージタッグを知っていますか?“災害時の命の選別“という言葉で問題視されることもよくあるモノです。黒タッグ(死亡群)を付ける時の基準の一つとして意識評価(意識がなく疼痛に対しても反応なし)とがあると聞きます。つまり”死にゆく=痛みを感じていない“ということです。つまり”痛み“は同時に“生きたい”という痛切な悲鳴なのです。
理学療法士としての臨床経験から、「疼痛とは、重力に起因する身体の歪み」と考えています。その歪みは間違った身体の使い方によって時間をかけて悪魔の産声を上げます。
そしてその痛みという悪魔は、私達の人生を徐々に蝕んでいきます。
Yogaは悪魔にも天使にもなると感じます。
私がWSを開催する理由は、その悪魔の産声(痛み)の本質に警鐘を鳴らしたいのです。
そしてYoginとして「Yogaとは、Life is beautiful (人生はかくも豊かで美しいモノである)」という事をみんなに伝えたいとも思います。
Yogaを愛する多くの人に、Yogaという天使と一緒に人生を歩んでいってほしいからです。痛みという悪魔と対峙した時にはしっかりとしたプロ(社会的責任の有る疼痛緩和可能な治療家)と寄り添ってYogaのある人生を送って欲しいと思っています。
正直Yogaのアサナは身体に負荷がかかり怪我を助長する様なアサナが沢山あります。しかし指導者がどれだけその点を重視しているのかわかりません。
ヴェーダにおける知識は現在の西洋医学中心の医療と相互理解が進んでいないのが現状です。Yogaを愛する人が悪魔と(痛み)と対峙した時に、どのように西洋医学と手を取りながら、Yogaの素晴らしい世界の中で悪魔からの離脱(痛みからの解放)が出来るのかも含めて、私にできることをしたいというのが、現在の思いです。
新月の瞑想

江戸時代には満月の光で夜道を歩き、新月の夜空にはたくさんの星をながめることができたそうです。
そしてそんな自然の摂理を暮らしや健康と結びつけていました

時間に追われる現代の日本においては、暮らしの中で「月」が必要がなくなり、自然のリズムも自分のリズムもふりかえることがなく生活しています。

新月はここからはじまる時。
満月のように成熟した力強さはありませんが、凛とした夜空が広がります。

大きな成長力を秘めた新月の日に内側の種を見つけ、そして愛情をもってその種を育てていきましょう。

■概要
日時:2015年9月13日(日)14:00-16:00(受付開13:30)
場所:ヨガスタジオ「Yoga Tribe(ヨガトライブ)」
住所:千葉県浦安市北栄1-16-5−312 (東西線浦安駅徒歩1分)
参加費: 3,000円(事前振込制)
定員: 20名(完全予約制)
申込:http://www.yogatribe.jp/contact.html

※上記URLにアクセスできない場合には、e-mail(book@yogatribe.jp)までご連絡ください。
※本ワークショップは事前振込制となります。お支払方法及びキャンセルポリシーは後日お申込者にご連絡いたします。

■三帰天海
三帰天海プロフィール真宗大谷派僧侶。インド・ニューヨークのアシュラム(寺院)での経験から独自の瞑想法を編み出す。“精進”という枠にとらわれない菜食ベースの料理と共に教える。
WEB:http://blog.goo.ne.jp/tenkai424

 
瞑想の時間

64年間。私はどんな忘れ物をしてきただろう。
そしてある想いに気づかされたのです。
それは、「自分で自分を幸せにすること」でした。

お釈迦様は生まれてすぐ立ち上がり、「天上天下唯我独尊」と話したと言い伝えられています。

「天上天下唯我独尊」 =「この世で一番尊いのは私である」
自分という存在は誰にも変わることのできない人間であり、この命はそのものが尊いのです。

その尊い命を幸せにするのは誰でしょうか?
現代の日本では、他人の幸せを第一に考え、結果、自分のことを後回しにする傾向が強い世界です。しかし、幸せは自分の中にもあってしかるべきだと考えています。

瞑想を通じて、唯一無二の存在である自分を認め、内側から自分で自分を幸せにするチカラを養っていきませんか。

インドのアシュラム(寺院)や僧侶の修行経験から生まれた独自の瞑想法と実生活でも応用が利くとっておきの技を、私、三帰天海とともに覚え実践していきましょう。
 
RESERVA予約システムから予約する
もしくはメールでご予約ください

※予約システム「RESERVA」を利用しています。RESERVAへの会員登録は不要です。
■概要
日時:2015年5月18日(月)10:00〜12:00(受付開始9:30)
場所:ヨガスタジオ「Yoga Tribe(ヨガトライブ) 」
住所:千葉県浦安市北栄1-16-5−312 (東西線浦安駅徒歩1分)
参加費:3,000円
定 員:20名(完全予約制)
問合先:book@yogatribe .jp

■講師:三帰天海
三帰天海真宗大谷派僧侶。
インド・ニューヨークのアシュラム(寺院)での経験から独自の瞑想法を編み出す。精進という枠にとらわれない菜食ベースの料理と共に教える。雑誌「スペクテイター」31号(2014年8月29日発売)においも取り上げられ、マルチに活動中。
WEB:http://blog.goo.ne.jp/tenkai424
 
RESERVA予約システムから予約する
※予約システム「RESERVA」を利用しています。RESERVAへの会員登録は不要です。
アーユルヴェーダ講座


アーユルヴェーダ(ayurveda)はインドに5,000年前から受け継がれる伝統医学。
語源は「アーユス(aayus/生命)」と「ヴェーダ(veda/知識、学問、真理)」からなり、「生命の科学」とも言われています。季節や体質にあわせながら、生活行動や食べ物、運動などを通じて病気になりにくい身体と心をつくり、さらに健康を維持しながら病気を予防していく手法です。

今回のアーユルヴェーダ講座では、インドの古来から続くアーユルヴェーダの基本、さらにアーユルヴェーダを日本の風土にあわせながら日々の生活にどう活かすのかを学び実践していきます。

ヨガをこれから始めたいと思っている方も、普段からアーサナの練習を積み重ねている方もご参加いただける内容です。

◎第1回「アーユルヴェーダとは」
└2015年4月12日(日)14:00-16:30
「新しい事にワクワクする。」
「一つの事をじっくり取り組みたい。」
性格や体系は人それぞれ。ではご自分自身をどこまでご存知でしょうか?
5000年の歴史をもつアーユルヴェーダの知恵から、体質を知り自分自身を知っていきましょう。

◎第2回「季節の過ごし方」
└2015年5月24日(日)14:00-16:30
四季が豊かな日本では好きな季節も人それぞれ。また苦手な季節には体調を崩すケースも・・・。
それはなぜ起こるのでしょうか?
一年を通して豊かな季節をどう過ごすか。
アーユルヴェーダの知恵を日本の風土にあわせてお伝えします。

◎第3回「毎日の生活について」
└2015年6月21日(日)14:00-16:30
仕事に家庭にと現代社会で生きる我々は毎日をとかく忙しく過ごしています。
アーユルヴェーダーにおける日々の生活法と健康法を上手にとりいれて、外に向きがちな矢印を自分自身に向けていきましょう。

◎第4回「食事について」
└2015年7月12日(日)14:00-16:30
生きるために必要な食事。アーユルヴェーダで考える「食事」とはどのようなものでしょうか?健康に生きるためにいつ・何を・どのように食べるのかを考えていきます。

※単発または複数回でのお申し込みを承っております

■開催概要
開催日時:
2015年4月12日(日)、5月24日(日)、6月21日(日)、7月12(日) 各回14:00〜16:30
場所:ヨガスタジオ「Yoga Tribe(ヨガトライブ)
住所:千葉県浦安市北栄1-16-5−312 (東西線浦安駅徒歩1分)
参加費:各回:4,000円/全4回:14,000円
定 員:10名(完全予約制)
持ち物:筆記用具など
※試食や試飲、体験の内容によって、マイ箸、マイカップなどをご持参いただく場合がございます
※詳細はご予約時にお知らせいたします

申込方法:
「アーユルヴェーダ講座」とお書きの上、及び以下1〜4について明記いただき、book@yogatribe.jp宛てにご予約ください。
1. お名前
2. お電話番号
3. e-mailアドレス
4.参加希望日:全4回すべて、または、ご希望参加日

■講師紹介 Camatkara 慈香
 慈香運動不足による体調不良から、ヨガスタジオに通い始めヨガの魅力に夢中になる。Adiyoga創始者ダルマボディ先生に師事し、4ヶ月間師のいるタイのヨ ガセンターKailash Akharaでリトリートを修了し、帰国。現在も師のもとで勉強中。
呼吸と繋がり自分自身と繋がる。ヨガを続けることは わたしにとって自分自身の真ん中により近づいていくという体験を深めることとなっています。忙しく、目まぐるしい毎日をもっと楽しく健やかに。そんなお手伝いができたら嬉しいです。
Instyle 養成講座修了
Adiyoga 9month インストラクタートレーニング修了
タイにてAdiyoga 3month retreat、インストラクタートレーニング修了
タイ政府認定タイマッサージ150時間修了
DHARMA INC Primal Ayurveda self care 2week コース修了
blog: http://camatkara.exblog.jp/
新春瞑想ワークショップ

2015年新春。
すがすがしく穏やかなエネルギーをはなつ新春の空。
皆さんの心にもそんな穏やかな「空」が存在します。

いつでも途絶える事のない湧き水のような静寂の世界。どんなにつらい時も、悲しい時も、慌てている時も、瞑想を行うことで絶えずに静けさを保つことができ、いつでもその静寂である「空」へ帰ることができるのです。

インドのアシュラム(寺院)や僧侶の修行経験から生まれた独自の瞑想法と実生活でも応用が利くとっておきの技を三帰天海先生が丁寧な解説付きで伝授します。初めての方でもすぐに覚えて実践に移すことができます。

■概要
日時:2015年1月11日(日)14:00-16:00(受付開始13:30)
場所:ヨガスタジオ「Yoga Tribe(ヨガトライブ)」
住所:千葉県浦安市北栄1-16-5−312 (東西線浦安駅徒歩1分)
参加費: 3,000円(事前支払制)
定員: 20名(完全予約制)
申込方法:
「瞑想WS参加希望」とお書きの上、及び以下1〜3について明記いただき、e-mail(book@yogatribe.jp)にてご予約ください。
1. お名前
2. お電話番号
3. e-mailアドレス

■講師紹介:三帰天海
三帰天海真宗大谷派僧侶。インド・ニューヨークのアシュラム(寺院)での経験から独自の瞑想法を編み出す。“精進”という枠にとらわれない菜食ベースの料理と共に教える。
WEB:http://cookwithlove.tumblr.com/



 
インドカレー
2008年1月にスタートしたYoga Tribe(ヨガトライブ)も2015年に7歳を迎える こととなりました。

これまで続いてこれましたのも、ヨガトライブで一緒に練 習をしてきた仲間達、先生方、地域の皆様方のおかげです 。深く感謝しております。

そこで、2014年をふりかえりつつ、7年目を迎えるヨ ガトライブな皆様とあんな話やこんな話で笑いあう会を開催いたします!

場所は、いつもお世話になっているインドカレー屋「スーリア」で調整中です。
※人数によって最終決定いたします

日時:2014年12月21日(日)19:30〜21: 00
参加費:実費(お食事だけの方は1000円程度、お酒を召される方は数千円程度の見込みです)

ご参加可能な方は、Facebookヨガトライブのイベントページにて「参加」ボタンを押していただくか、メールにてご連絡ください。

Facebook:
https://www.facebook.com/events/1503521679908501/?ref=22

メール:book@yogatribe.jp
※お名前・日中連絡が取りやすいメールアドレスをご記入ください

ヨガトライブ初のお友達やご家族連れも歓迎です!