感情を管理するヨガ


人は感情的になると、自己をコントロールしたり、気づきを保ったりすることを、不可能ではないにせよ難しく感じるものです。しかし現実には、心の状態というものは認識し理解することが非常に容易でもあります。
ヨガを感情の管理に用いるために必要なのは、「五つの毒」と呼ばれる否定的な感情の基本的なカテゴリーについて学ぶことです。これを知ることで、私たちはヨガのアーサナ(ポーズ)とプラナヤマ(呼吸法)を用い、相対するポジティブな要素を引き出し、物事の感じ方を変えてゆくことができるのです。そして最終的には、陽気で明瞭な気分を味わうことができるようになり、これこそ私たちを自然な状態 – ヨガの境地 – へ到達するための扉を開いてくれるものなのです。

真に自然な状態に身を置くことができるなら、私たちは労することなく、愛や思いやり、落ち着きや喜びを経験することができるでしょう。自らの魂と深く結びつき、他者の幸福を喜び、内と外に調和を見出し、精神は高められ、インスピレーションを得ることができるのです。障害や課題に直面すると、私たちの有害な感情パターンは刺激を受けます。他者を憎んだり、私たちの幸福に必要であると思われるような物事に執着するようになったり、自分の成長の妨げとなるような習慣から抜け出せなくなったり、成長することや人生の目的に無関心で、怠惰になってしまうのです。

このワークショップでは、五つの有害な感情について学び、ヨガのアーサナ(ポーズ)とプラナヤマ(呼吸法)をネガティブな経験の改善にどう用いるか、私たちという存在の内にありのままのポジティブな要素をどのように育むかを見てゆきます。また、否定的な考えや感情を浄化し、明瞭で調和の取れた状態へと私たちを導くためのマントラを学びます。
みなさんのプラクティスが今どのような段階にあろうとも、私たちはみな、感情的になってしまった時にどうやって立ち止まり自分の状態を確認するか、できるだけ上手に望む結果を得るためにはどのように取り組めば良いのかを学ぶことができるのです。
感情を解放して、喜びとインスピレーションに満ちた人生を送りましょう。

※本ワークショップは英語で行われ、高野爽乃さんによる日本語通訳がはいります

■概要
日時:2012年5月20日(日)14:00-17:00 (受付開始13:30〜)
場所:ヨガスタジオ「Yoga Tribe(ヨガトライブ)
住所:千葉県浦安市北栄1-16-5−312 (東西線浦安駅徒歩1分)
定員:16名(完全予約制)
参加費:4,500円(事前支払制)
申込方法:
「感情を管理するためのヨガ参加希望」及び以下1〜3について明記の上、e-mail(book@yogatribe.jp)にてご予約ください。
1. お名前
2. お電話番号
3. e-mailアドレス

■講師 マイルズ・マエダ

眞榮田マイルズヨガ、瞑想指導歴16年。シカゴ、サンディエゴ、ポートランド、ロングビーチに練習用センターを設け、世界中の生徒を指導する。実践的に日常の生活に取り入れられるヨガを専門とし、生徒達と共に健康、教育、創造性とコミュニティー作りなどに対する意識を高めることに取り組む。
自身の総合的なトレーニングとしては、18,000年以上の歴史を持ち、様々なスタイルに進化しているヨガの手法を取り入れている。古典的なインド式ヨガ(ハタ・ヨガ、クンダリーニ・ヨガ)から、アジアの武道(タオ・ヨガ)、中央アジアの古代の学派(チベットのボン・ヨガ、タントラ、スーフィズム“イスラム神秘主義”)と、その研究は多岐に及ぶ。さらに、新しく作り出された統合運動機能を持つ、ピラティス、ジャイロトニック及びジャイロキネシスを学び、知識と経験を深めている。
また、ヨガ・アライアンスによるE-RYT/RYT 500の認定を受けたヨガ指導者であり、The World Evolution School of Yogaを通して、ティーチャー・トレーニングを行う。クラスとワークショップでは、さまざまなスタイルのヨガと、日々の練習に役立つ応用を教えている。指導者としての目標は、最終的には、自分が教えていることの模範となり、生徒達が経験を積み理解を深め、練習と関わりを深める機会を与えることである。