ジョン・オギルビー

創立22年、オーストラリアで最も古いヨガスクール「バイロンヨガセンター」創立者ジョン・オギルビー先生によるワークショップが今年もヨガトライブで開催されます!

笑顔とユーモアそして純粋さをあわせもつジョン先生にリードされた昨年のワークショップでは、温かなエネルギーを感じた方も多かったのではないでしょうか。

今年はヨガがみなさんの生活の一部になるように目指す「パーナヨガ」を軸に2つのクラスを開催します。

Part1「アジャストとプロップの使い方」
Part2「後屈のポーズを深める」

終了後には懇親会もございますので、皆さんにとってのヨガを語り合いましょう。

※本ワークショップは日本語による通訳がはいります。

----------------------------------------------------------------------------
Part1「アジャストとプロップの使い方」14:30〜16:30
対象:ヨガを深めたい方、インストラクターを目指す方、インストラクターの方
----------------------------------------------------------------------------
ヨガの練習を深めていくと同時に「どこを直したらもっと良くなるのだろう」、「指導するにあたって、どうアジャスト(ポーズ修正)をしたらよいだろう」といった疑問が生じる事もあるでしょう。

本パートでは、基本のポーズをいくつか取り上げ、細かく注意点やポイントを確認したり、実際に習ったポーズを使ってグループごとに指導の練習をし合ったりしながら、観察能力、適用能力、アジャスメントスキルを学び、適切なアライメントが、いかに体を正しく使える様になる為の手助けをしているかを理解していきます。また、必要に応じたプロップスの使用方法もご紹介します。

インストラクターの方はもちろん、これからインストラクターを目指す方、また、ポーズについてもう少し細かく知りたい!などという方にもおすすめです!

----------------------------------------------------------------------------
Part2「後屈のポーズを深める」17:00〜19:00
対象:オールレベル(初心者〜経験者まで)
----------------------------------------------------------------------------
後屈のポーズで一般的に陥りやすい「恐怖」を克服し、正しい身体の使い方で、ケガなく安全に行う方法を練習していきます。また、筋力不足や柔軟性不足等による身体の弱点を強化する為に有効なプロップ(道具)を使った練習方法などもご紹介します。

クラスはオプションを選びながら進んでいくスタイルになりますので、無理なく、気づいたら自分で思っていた以上の事が出来ていたり、チャレンジする楽しさを身体でそして心で感じられるでしょう。

----------------------------------------------------------------------------
Part3「懇親会」19:30〜
----------------------------------------------------------------------------
全パート終了後には懇親会を予定しております。ジョン先生を囲みながら、ヨガの事、人生の事を楽しく語り合いましょう。


■概要
日時:2011年9月25日(日)
場所:「ヨガトライブ」千葉県浦安市北栄1-16-5−312 (東西線浦安駅徒歩1分)
参加費: 1クラス 4,000円 /2クラス 7,000円(事前振込制)/懇親会費は当日実費払い
定員: 16名(完全予約制)
申込み:お名前・TEL・e-mail・希望クラス・懇親会参加有無を明記の上、e-mail(book@yogatribe.jp)にてご予約ください。

■John Ogilvi(ジョン・オギルビー)プロフィール
ジョン・オギルビーはオーストラリアで最も古いヨガセンターの一つであるバイロンヨガセンターの設立者・ダイレクターで、1987年からヨガを教えており、センターの評判の高いティーチャートレイニングコースを率いる者でもある。ジョン・オギルビーは逢った瞬間に心が繋がる、稀な人である。その目の光は、彼の内側から来る喜びと、少年のようないたずら心を伝えている。彼の存在自体がヨガにおける光のようなもので、彼のクラスを受ける時あなたは笑顔にならずにいられないだろう。ジョンのクラスは人生の祝いー楽しく、ダイナミックで内からの喜びを引き出す。彼はヨガが彼らの生活の一部となるように、ヨガのすべての側面に関する事を教え、生徒たちを助けることを探求している。

■パーナヨガ
パーナはインドのサンスクリット語で"融合"や"完結"を意味します。 そしてヨガは"結ぶ"や"繋ぐ"を意味します。パーナヨガは単にヨガのポースを取るだけでなく、哲学、瞑想、プラナヤーマ(調気法)を使って自分の呼吸をコントロールしたり、日常生活の中での道徳心を養ったりなどのあらゆる面からアプローチをして全てを融合させていきます。自分の外側に向いている意識を内側に向けて融合させていく、呼吸と体の動きを融合させる、ヨガが日常生活のふとした場面にも生かされてくる。そして気がついたら他の事にも繋がってきた。ヨガがみなさんの生活の一部になるように目指しているのが 「パーナヨガ」です。ジョンの教えは合気道の気の原理と共に、アイアンガー、アシュタンガ、シバナンダとサトヤナンダトラデションからインスピレーションを受けた、異なるヨガのテクニックを融合させたものです。