[ワークショップ] 恐怖を克服するインバージョン(逆転のポーズ) with John Ogilvie

  • 2010.08.21 Saturday
  • 11:21
john_banner

「ヘッドスタンド」
「ハンドスタンド」

クラスの中で、この言葉が聞こえたとたん、「できない・・・」とクラスを逃げたくなる衝動に駆られる方も多いはず。

インバージョンといわれる逆立ちのポーズは、視界が逆になり、人間行動の基本である「足」が中に浮いていることから、恐怖を抱くケースが多く見受けられます。

本ワークショップでは、22年を迎えるオーストラリア老舗ヨガスタジオ「バイロンヨガセンター」の創設者兼ディレクターであるJohn Ogilive(ジョン・オギルビー)を講師に向かえ、インバージョンで一般的に陥りやすい「恐怖」を克服し、さらに、正しい身体の使い方で、ケガなく安全にインバージョンを取る方法を練習していきます。また、筋力不足等による身体の弱点を強化する為に有効なプロップを使った練習方法などもご紹介します。

通常のプラクティスでインバージョンに苦手意識をお持ちの方、Johnの暖かみと笑いに満ちた本ワークショップで苦手意識を克服していきましょう。ジョンのちょっとしたヘルプでコツをつかめばもう怖いものはなくなるでしょう。

日時:2010年9月26日(日) 15:30-18:30
場所:「ヨガトライブ」浦安市北栄1-16-5−312 (東西線浦安駅徒歩1分)
参加費: 4,000円 (事前振込制)
定員: 16名(完全予約制)
申込み:お名前・TEL・e-mail・「インバージョンワークショップ参加希望」と明記の上、e-mail(book@yogatribe.jp)にてご予約ください。

■John Ogilvi(ジョン・オギルビー)プロフィール
オーストラリアで最も古いヨガセンターの一つである「バイロンヨガセンター」の設立者・ディレクター。25年以上のヨガ指導歴をもち、レギュラークラスに加え、評判の高いティーチャートレイニングコースを開催・指導している。
ジョン・オギルビーは逢った瞬間に心が繋がる、稀な人である。瞳に浮かぶ光は、内側から来る喜びと少年のようないたずら心を伝えている。彼の存在自体がヨガにおける光のようなもので、彼のクラスを受ける時、あなたは笑顔にならずにいられないでしょう。
ジョンのクラスでは、人生の祝いー楽しく、ダイナミックで内からの喜びを引き出し、ヨガが生徒の生活の一部となるように、そして、ヨガのすべての側面に関する事を教えている。彼は自身でもプラクティスを継続しながら、生徒たちに喜びを与えることを探求している。

■パーナヨガ
パーナはサンスクリット語では‘完結’‘融合’‘完全’を意味します。パーナヨガではインドで3000年以上も前からインドで教えられてきたアシュタンガーヨガの8支則の様に、ヨガのアサナは8支則の中の1つの段階であり、瞑想、プラナヤーマ(調気法)、その他にもヤマやニヤマなどの道徳的部分も同じくらい重要だと考えています。
ジョンの教えは合気道の気の原理と共に、アイアンガー、アシュタンガ、シバナンダともう少しソフトなサティヤナンダのトラデションからインスピレーションを受けており、異なるヨガのスタイルを融合させたものです。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Yoga Tribe(ヨガトライブ)

http://www.yogatribe.jp/index.html
通常スケジュールはこちら
地図はこちら
料金のご案内はこちら

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM